著作権トピックス line
line

会員専用コンテンツ「WEB版 著作権判例」掲載の
判例[概要]を、期間限定で特別公開中!

 
line
【事件名】ツイッターへの発信者情報開示請求事件(2)
【年月日】平成30年4月25日
【裁判所】知財高裁/判決・変更
【事件番号】平成28年(ネ)第10101号 発信者情報開示請求控訴事件
 (原審・東京地裁平成27年(ワ)第17928号)
 
line
【要旨】 控訴人は職業写真家であり、被控訴人は短文投稿サイト「ツイッター」を運営する会社である。控訴人は、写真(本件写真)を撮影し、これを自己の運営するサイトに掲載したところ、氏名不詳者Aが、控訴人に無断で本件写真の画像(本件写真とは大きさが異なり、トリミングされており、氏名表示はない。)(本件画像)を含んだツイート(投稿)をした。これにより、本件画像がツイッターのサーバにアップロードされ、Aのアカウントやタイムライン(各ツイートを時系列順に縦の帯状で画面表示するもの)の画面に表示された。その後、氏名不詳者B乃至Dが、上記ツイートを控訴人に無断でリツイート(第三者のツイートを自己のアカウントの画面に表示させる行為)をした。これにより、B乃至Dのタイムラインの画面に本件画像が表示された(本件リツイート)。
 そこで、控訴人は、被控訴人に対し、本件写真の著作権、著作者人格権の侵害を理由に、プロバイダ責任制限法に基づき、氏名不詳者A乃至Dの発信者情報の開示等を求めた。
 原審の主たる争点は、本件ツイートおよびリツイートによって本件画像がA乃至Dのタイムライン等の画面に表示されたことにより、控訴人の公衆送信権が侵害されたかであった。原審は、Aに関する請求を認めたが、B乃至Dに関する請求を棄却した。
 控訴審では、公衆送信権侵害の有無の他に、著作者人格権(同一性保持権、氏名表示権)侵害の有無も主たる争点となった。控訴審は、次の理由により、B乃至Dに関する請求につき、被控訴人が控訴人の著作者人格権を侵害したとして、控訴人の請求を認めた。
 まず、公衆送信権侵害に関しては、本件リツイートは、B乃至Dのタイムラインの画面のURLに本件画像へのインラインリンク(ユーザーの操作を介さず、リンク元のサイトの起動時に、自動的にリンク先のサイトの画面又はこれを構成するファイルが当該ユーザーの端末に送信されて、リンク先のサイトをユーザーの端末上に自動表示させるリンク)を設定するものであるから、本件画像を直接送信可能化したり、公衆送信したりするものではなく、規範的に見ても自動公衆送信の主体と評価できず、自動公衆送信行為自体を容易にしたとはいえないとした。
 他方で、同一性保持権侵害に関しては、本件画像をユーザーのパソコン等の端末に表示させるためには、どのような大きさや配置で、いかなるリンク先からの写真を表示させるか等を指定するためのプログラム(HTMLプログラム、CSSプログラム等)がユーザーの端末に送信される必要がある。そして本件リツイート行為の結果、そのようなプログラム等により、位置や大きさなどを指定されているために、B乃至Dのタイムラインに表示される画像は本件画像となったものと認められるから、本件リツイート者らによって改変されたということができるとした。
 また、本件リツイートにより、本件写真がトリミングされて表示された結果、ユーザーのパソコン等に控訴人の氏名が表示されなくなったのであるから、本件リツイートにより、氏名表示権を侵害したといえる、とした。

福市航介(弁護士/虎ノ門総合法律事務所)
line
【キーワード】氏名表示権、同一性保持権
【参照条文】著法19条、同20条
line
判例全文概要目録
(2018年10月)
line
 
「WEB版 著作権判例」の[概要]は会員専用コンテンツです
 
line

詳しくは「入会のご案内」「会員専用ページ」をご覧ください


「WEB版 著作権判例」の[概要]をはじめとする、
WEB掲載資料(会員専用ページ)の閲覧等
当センターの情報サービスのみをご利用の場合
お得な「資料会員」でのご入会をお奨めしています


(受けられるサービス内容は、会員種別により異なります。こちらをご覧下さい)
 
line

☆ サイトマップ

日本ユニ著作権センター TOPページへ