著作権トピックス line
line

会員専用コンテンツ「WEB版 著作権判例」掲載の
判例[概要]を、期間限定で特別公開中!

 
line
【事件名】写真素材のイラスト化事件
【年月日】平成30年3月29日
【裁判所】東京地裁/判決・本訴請求棄却、反訴請求棄却
【事件番号】平成29年(ワ)第672号 損害賠償請求事件(本訴)、
 平成29年(ワ)第14943号 同反訴事件(反訴)
 
line
【要旨】 原告は、「コーヒーを飲む男性」という題名写真素材(以下「本件写真素材」という。)を含む75点の写真素材が収録された写真素材集CDを訴外会社のウェブサイト上において定価約4万円で販売した。被告は、インターネットで本件写真素材の画像を検索しこれを参照してイラスト(以下「本件イラスト」という。)を描き、自己が作成する小説同人誌の裏表紙に同イラストを掲載した上、当該同人誌50冊を販売した。原告は被告による、本件イラストの使用と当該同人誌の販売行為が、原告の本件写真素材に係る著作権(複製権、翻案権、譲渡権)を侵害すると主張して提訴した。
 裁判所は本件写真素材の著作物性を認めた上、本件イラストが本件写真素材の複製物、翻案物にあたるかについて次のように判断した。本件写真素材の創作性を踏まえれば、本件写真素材の表現上の本質的特徴は、被写体の配置や構図、被写体と光線の関係、色彩の配合、被写体と背景のコントラスト等の総合的な表現に認められるが、一方で本件イラストは本件写真素材に依拠して作成されているものの、本件イラストと本件写真素材を比較対照すると、両者が共通するのは、右手にコーヒーカップを持って口元付近に保持している被写体の男性の、右手及びコーヒーカップを含む頭部から胸部までの輪郭の部分のみである。そして、両者の相違点は、(1)本件イラストがわずか2.6cm四方のスペースに描かれているにすぎないこともあって、本件写真素材における被写体と光線の関係は表現されておらず、かえって、本件写真素材にはない薄い白い線(雑誌を開いた際の歪みによって表紙に生じる反射光を表現したもの)が人物の顔面中央部を縦断して加入されている点、(2)白黒のイラストであることから、本件写真素材における色彩の配合は表現されていない点、(3)背景が無地の白ないし灰色となっており、本件写真素材における被写体と背景のコントラストは表現されていない点、(4)小さなスペースに描かれていることから、頭髪も全体が黒く塗られ、本件写真素材における被写体の頭髪の流れやそこへの光の当たり具合は再現されていない点、(5)また、本件イラストには上記の薄い白い線が人物の顔面中央部を縦断して加入されていることから、鼻が完全に隠れ、口もほとんどが隠れており、本件写真素材における被写体の鼻や口は再現されていない点、(6)本件写真素材における被写体のシャツの柄と異なっている点等にあり、本件イラストは、本件写真素材の総合的表現全体における表現上の本質的特徴(被写体と光線の関係、色彩の配合、被写体と背景のコントラスト等)を備えているとはいえず、本件イラストは、本件写真素材の表現上の本質的な特徴を直接感得させるものではなく、本件写真素材の複製にも翻案にも当たらないとして原告の請求を棄却した。

杉浦尚子(弁護士/虎ノ門総合法律事務所)
line
【キーワード】写真の著作物、イラスト、複製権、翻案権
【参照条文】著法21条、同26条の2、同27条
line
判例全文概要目録
(2018年7月)
line
 
「WEB版 著作権判例」の[概要]は会員専用コンテンツです
 
line

詳しくは「入会のご案内」「会員専用ページ」をご覧ください


「WEB版 著作権判例」の[概要]をはじめとする、
WEB掲載資料(会員専用ページ)の閲覧等
当センターの情報サービスのみをご利用の場合
お得な「資料会員」でのご入会をお奨めしています


(受けられるサービス内容は、会員種別により異なります。こちらをご覧下さい)
 
line

☆ サイトマップ

日本ユニ著作権センター TOPページへ