定例セミナー tab 著作権塾 tab 特別セミナー

line

第27回秋季定例セミナーは終了しました。
次回定例セミナーは、2019年6月に開催します。
詳しいご案内は、詳細が決定次第掲載いたします。

 
line
 定例セミナーは、社員、利用者一人ひとりに基礎と応用力を与える講義です。法律知識だけでなく、具体的事例に沿ったカリキュラムは、ビジネスとしての著作権実務への的確な解決力、トラブルの未然防止に役立っています。
 
seminar1
定例セミナー
(春季=基本の修得 ・ 秋季=応用力の練磨)

[53回延218日/受講者 延 10,105社 16,670名(2018年秋まで)]
 
line
第27回 秋季定例セミナーは、無事終了いたしました。
ご支援いただいた方々に、心から謝意を表します。

 
line

第27回 JUCC秋季定例セミナー
「現場が直面している著作権の諸問題」
(2018年10月9日、16日、23日/ 全3回・6講座)
 回/月日 講義内容/講師 受講者数
[1] 10月 9日 ・平成30年著作権法改正にどう対処するか/吉田大輔
・リンクの著作権法上の取り扱い/福市航介
43社/68名
[2] 10月16日 ・写真の著作物が直面する課題/吉川信之
・美術と応用美術が抱える著作権問題/上野善弘
43社/98名
[3] 10月23日 ・再び「引用」に踏み込む/雪丸真吾
・独占的ライセンシーの立場の強化について/北村行夫
43社/68名

[受講者数 延べ129社/204名]
 
line
 ◆講師紹介(敬称略)
line
 吉田大輔 文化庁著作権課職員、横浜国立大学大学院国際経済法学研究科助教授等を経て、文化庁著作権課長、文化庁審議官、文化庁次長などを務め、現在、著作権情報センター附属著作権研究所客員研究員。
専門は著作権制度、高等教育政策。
著書『著作権法を考える10の視点』『全訂版著作権が明解になる10章』(以上、出版ニュース社)、共著『概説著作権法』(ミネルヴァ書房)など。 
line
 福市航介 弁護士、虎ノ門総合法律事務所。
日本弁護士連合会司法調査室所属。「KEY WORD リンクと自動公衆送信権」コピライト682号、「【判例研究】リツイート事件」著作権研究44号。共著『Q&A引用・転載の実務と著作権法』(中央経済社/第4版)。編著『コンテンツ別ウェブサイトの著作権Q&A』(中央経済社)。
line
 吉川信之 写真家。
公益社団法人日本写真家協会・著作権委員。
フリーの写真家として雑誌を中心に活動。
共著『SNS時代の写真 ルールとマナー』(朝日新書/日本写真家協会編)。
line
 上野善弘 元主婦の友社、編集者、編集総務部長。
元日本雑誌協会 著作権委員会委員長、日本書籍出版協会著作・出版権相談室相談員。著作権情報センター著作権相談室相談員。
共著『デザイナーのための著作権ガイド』(パイインターナショナル)。
当センター著作権相談員。
line
 雪丸真吾 弁護士、虎ノ門総合法律事務所。
著作権法学会会員。慶応義塾大学芸術著作権演習I講師。
編著『Q&A 引用・転載の実務と著作権法』(中央経済社/第4版)、『コンテンツ別ウェブサイトの著作権Q&A』(中央経済社)。
当センター著作権相談員。
line
 北村行夫 弁護士、虎ノ門総合法律事務所所長。
日本知的財産仲裁センター仲裁委員、調停委員。著作権法学会会員。
著書『原点から考えるオンライン出版』『アマゾン契約と電子書籍の課題』『新版 判例から学ぶ著作権』(以上、太田出版)、編著『Q&A 引用・転載の実務と著作権法』(中央経済社/第4版)。執筆・監修『わかって使える商標法』(太田出版)。当センター著作権相談室長。
 
line

定例セミナーに関するお問い合わせはこちらまで
line

日本ユニ著作権センター 事務局
東京都港区虎ノ門5丁目13番1号 虎ノ門40MTビル2階
電話(03)5472-6620 FAX(03)5472-7767
E-mail: jucc@fa.mbn.or.jp
 
line
 ☆ サイトマップ
日本ユニ著作権センター TOPページへ