出版契約書ひな型2015 line
line
日本ユニ著作権センター
出版契約書ひな型
2015
line
 2014年11月
 
 著作権法が改正され、「出版権」が「電子媒体での複製出版」や「公衆送信(送信可能化)による出版=オンライン出版」に拡張されました。また出版権者の再許諾禁止規定が解かれることになりました。
 当センターでは、2015年1月1日から施行されるこの改正著作権法を受けて、その内容に適合する新たな出版契約のひな型を作成しました。著作権者と出版者がお互いの利益を尊重し、出版者が自らの権利確立を目指すことのできる、新しい「ユニ型」の出版契約書ひな型です。
 
line
 2015年1月1日以降に発行・送信可能化される書籍を対象にしたこのひな型には、以下の3種類があります。
 
  @ 【複製出版権・オンライン出版権同時設定型】
 著作物を、発意と責任をもって世に伝達しようと志す出版者は、「複製による出版」「送信可能化による出版」の双方を引き受け、双方の「出版権設定」を著作権者から受けることが望ましいと考えます。著作権者と合意できた場合は、このひな型をご利用ください。
 
A 【複製出版権設定・オンライン出版権優先型】
 とはいえ、「送信可能化による出版」をすぐには行えない出版者や、「送信可能化による出版」は当面見合わせたいと考える著作権者もあるでしょう。その場合でも「複製による出版」を引き受ける出版者が、将来は「送信可能化による出版」を引き受けるべきであると考えますので、そういったケースでは、出版者に「送信可能化による出版の優先権」を与えるこのひな型をご利用ください。
 
B 【オンライン出版権設定・複製出版権優先型】
 逆に、「複製による出版」を引き受ける責任はまだ持てないが、「送信可能化による出版」を引き受けて、その様子によって将来「複製による出版」に乗り出すという出版者もあるでしょう。その場合は「送信可能化による出版」を引き受けた出版者に「複製による出版の優先権」を与えるこちらのひな型をご利用ください。
 
 どちらか一方の出版を引き受けるだけで、他方の出版は考えていないという場合は、考えていない出版形態に関する条文を削除してご利用ください。
 
line
 契約書の条文だけではその意図や意味を理解しにくい部分もあるかと思います。
 北村行夫弁護士の「新契約の理念と特徴」と宮辺尚代表の「新契約書ひな型解説」を収録した冊子『日本ユニ著作権センター出版契約書ひな型2015』を発行いたしましたので、ご覧ください。
 「ユニWEB−SHOP」にて、販売しております。
 
line
 各契約書のPDFファイルをご用意しました。必要に応じ、ダウンロードしてご利用ください。

【訂正とお詫び】
 当初の各ひな型の第2条に誤りがありました。
 PDFを2015年5月10日に訂正いたしましたので、それ以前にダウンロードした方はご注意ください。誠に申し訳ございませんでした。

 ・

複製出版権・オンライン出版権同時設定型 2015
 
 ・ 複製出版権設定・オンライン出版権優先型 2015
 
 ・ オンライン出版権設定・複製出版権優先型 2015
 
line

 PDFファイルをご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要になります。アクロバットリーダーをお持ちで無い場合は、アドビ社ホームページ等からご入手下さい。(無料)

 
アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから
 
line
 なお、当PDFファイルは閲覧専用です。
 会員の方限定で、修正・編集可能なテキストデータ(ワードファイルのみ)をお配りしています。ご希望の方は、事務局まで必ずメールでお申し込み下さい。折り返し、添付ファイルにてお送りいたします(USBメモリ等、記録メディアでの郵送は行っておりません。ご了承下さい)。
 以上、よろしくお願いいたします。

 日本ユニ著作権センター事務局 jucc@fa.mbn.or.jp
 
line

☆ サイトマップ

日本ユニ著作権センター TOPページへ